市川市議会議員 松永おさみ


祝 地方自治一筋五十年
松永おさみ後援会 (松栄会)主催 新春の集い

 市川市議、松永おさみ氏は、この度、地方自治・行政に携わって五十年の節目の年を迎えられました。後援会・松栄会として、この記念すべき半世紀の足跡を称え、信篤・二俣地区はもとより市川市の将来に向かって力を発揮されるものと確信し、五十年記念の臨時号を発行し、政界の同志の皆様から寄せられたメッセージを披歴させて頂きます。


市川市長 千葉光行
 昭和三十三年より、地方自治に携わり五十周年を迎えられましたことを心からお祝い申し上げます。特に、平成十五年四月に市川市議会議員に初当選して以来、市川市と信篤二俣地区の発展・充実のためご尽力頂いております。
これからも、松永おさみ議員が長年の豊富な経験を活かし、益々ご活躍されることをお祈り申し上げます。


船橋市長 藤代孝七
 地方自治に携わって五十年という節目の年を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます。松永おさみ先生は、船橋市役所で要職を歴任され、六年前、その活躍の場を市川市議会に移されました。社会が大きく変化する中で、地方自治体は大切な時を迎えています。長年の経験を基に、今後も活躍されることをお祈り致します。


衆議院議員 渡辺博道
 松永先生の地方自治・五十年を心よりお祝い申し上げます。未曽有の経済危機に翻弄される日本。私は日本の底力は「地域が原点」をモットーに、これからも厳しい時期を松永先生をはじめ市議団とスクラムを組んで日本経済復活に向け頑張る覚悟です。今後も松永先生が地域発展の為一層のご奮闘を祈念致します。


衆議院議員 園浦健太郎
 松永おさみ先生は、地方自治一筋に五十年を捧げて来られました。心からお祝い申し上げます。信篤地区がより住み良い地域へ変貌を遂げつつありますのも松永おさみ先生の豊富なご経験とご尽力の賜物であり深甚なる敬意を表します。「住民本位の市政」の一層の充実に向け、益々のご活躍を祈念申し上げます。


千葉県議会議員 近藤喜久夫
 経済不況、失業等々社会不安が増大する昨今です。これらに対応する行政の役割は広く大きく大変です。今こそ、松永おさみ先生の長い行政マンとしての経験・知見が存分に生かされる時です。市川市にとって先生は非常に大きな存在です。


千葉県議会議員 小島武久
 松永おさみ後援会による、五十周年記念新春の集い開催をお慶び申し上げます。松永先生は、市議会議員当選されて以来、市政に多大なご尽力をされ、その実積は高く評価されております。特に信篤・二俣地区街ずくりに貢献されておりますことは皆様ご承知のとおりで御座います。今後も松永先生には、健康に意意され、ご活躍されますよう心から祈念申し上げます。


千葉県議会議員 鈴木衛
 地方自治行政に携わって満五十年誠におめでとうございます。一口に五十年と言いますがこれも偏に松永おさみ先生の並々ならぬご努力の賜物であると感銘しております。これからも信篤地域の発展並びに市川市の更なる市民福祉向上の為、これまでの豊かな経験を生かし、益々のご活躍を期待申し上げます。


更なる飛躍を願って 後援会松栄会会長 石井邦夫
 地域の代表として活躍する松永おさみ市議が、この度地方自治に携わってちょうど五十年を迎えられご同慶に存じます。我々が地域の代表として推薦をし、平成十五年四月の統一選挙で初めて議席を得てから、早や六年が経過しました。長年に亘り議員不在が続き、地元の声が届かず行政の恩恵にも浴さなかった信篤・二俣地区にとって、久々の光明でありました。議員になってからの活動と、幅広い分野での成果の数々は、皆さんの知る所と考えます。これからが正念場です。支えて頂いている皆様の声を真撃に受け止め、健康に留意され、更に高い目標に向かって精進されることを期待します。



問題解決に全力投入

市政全般にわたる行政執行のキーワードとして、以下列記させて頂く事項について、全力で取組み、市川市の将来、そして市民の安全・安心の確保、実現に向けて努力してまいります。また、この機会に自らを律し議員としての職責に専念することを皆様にお約束したいと思います。
中・長期課題として
(1)政令指定都市への布石を
(市墳に居住する我々にとって、合併問題は重要な関心事)
(2)原木中山駅周辺の都市再開発を
(3)信篤公民館・図書館等の建替えを、移転を合めて検討
市政一般
(1)幼児教育の振興と公私格差の是正解消対策
(2)大規模小学校対策 (鬼高・信篤・妙典)
(3)待機者を無くす為の保育園新設
(4)特老・老健施設の必要床確保と高齢者支援策の充実
(5)原木西浜公園の周辺道路の整備と健康運動器具の設置
(6)スポーツ施設の増設と青少年連動広場の増設整備
道路、鉄道網の整備促進
(1)東京外郭環状道路の建設 (平成二十七年度完成に向けた整備促進)
(2)都市計画道三・四・十八号の建設(平成二十七年度完成に向けた整備促進)
(3)都市計画道三・四・十三号の建設促進(妙典架橋〜原木IC 間)
(4)京葉道路原木IC周辺の混雑解消対策
(5)京成電鉄の連続立体化事業の推進

支えて頂いた皆様に心底感謝 市川市議会議員 松永おさみ
 この度、私松永は、昭和33年に船橋市に奉職してから50年の節目を迎えることができました。これも偏に大所高所から私を支えて下さった多くの皆様のご指導の賜物と、改めて衷心より感謝とお礼を申し上げます。
 顧みますと、千葉県内にあってその先駆的市である船橋市と市川市で行政、市議会に参画できたことの意義を改めて噛みしめています。
人口急増の大きな波に乗って、地方都市から大都市へと変貌を遂げる首都圏にあって、都市基盤整備の不備が垣間見られるものの、中堅都市として58万人と47万人を擁する都市で君臨できることを誇りに思います。
 このような社会情勢の中で、私は五十年に及ぶ歳月に亘り、小さい歯車の一つとして、忠実に、誠実に住民自治の進展にいささかなりとも寄与することができたのかなと、自問自答している作今であります。
 これからも、自らの信念に基づき、地域の発展と住民福祉の向上・進展、安全で安心に暮らせる街づくりに、微力ながら全力を尽くすことを皆様にお誓い申し上げご挨拶といたします。