市川市議会議員 松永おさみ
   
 

信篤小学校のナイター施設完成 12月1日から共用開始

地域が永年待ち望んでいた信篤小の夜間照明施設が11月に完成し、11月25日に市長の出席のもと点灯式を行いました。

点灯式には多くの関係者、並びにサッカー、野球部のクラブチームの子供達も参加して寒さの中にも熱い喜びの声が上がるなど、盛況に行われました。

設置概要ですが、本体工事で2,290万円、ネット増設等で100万円かかりました。照度は250ルックスで明るく自然光に近い照明です。

使用料金は1時間当たり730円です。青少年育成団体等免除制度もあります。
申込は団体の場合、その規約(会則)と申請書を学校の教頭先生まで。
詳しくは学校又は地域振興課まで。市役所は334-1111番、学校は328-0165番です。

   

高谷中、東側土水路の整備が完了

2ヵ年計画で工事が進められていた高谷中の東側の水路の整備工事がこのほど完成しました。
その結果として今までの土水路が丸太材と板柵で整然と改修され、原木排水機場迄が接続することにより、原木2丁目地先の溢水防止が図れ更には信篤小、高谷中、県立養護学校の排水の受入れも可能となり、学校周辺の環境改善が実現しました。

海に接する原木排水機場も3ヵ年計画工事として来年度完成する予定ですが、その際は周辺一帯の排水対策が万全となり原木地域の安全安心の一助になるものと期待されております。
今回の工事費約1,000万円弱、昨年は1,000万円強、原木排水機場工事は総工費6億円であります。早期完成が待たれます。

 


過去のニュース