市川市議会議員 松永おさみ
 

法改正に基づく新条例で農業委員は半減の10人に公選制から任命制に変わる 

 

市川市議会十二月定例会は、12月2日に召集され、14日迄の会期13日間にわたり開催されました。今議会に市長から提案された議案は農業委員の定数等を新たに定める条例の制定をはじめ、条例の改正12件、補正予算4件、工事請負契約案を含め合計37件でした。審議の結果は全て市長提案可通り可決成立しました。主な内容をお知らせします。

制度改正のポイント

農業委員会等に関する法律の改正に伴い、農業委は現在の20人から10人となり、新たに農地利用最適化進委員制度を新設し6人とする条例が制定されました。業委員の選出方法は今迄選挙により選ばれていたものが、市長が議会一の同意を得て任命する方法となります。又認定農業者が少ない場合などを除いて農業委員の過半数は認定農業者であることが求められます。更には女性や青年の登用に向けた機運を高めることが急務とされています。農業委員とともに地域で活動する推進委員を新たに委嘱。農業委員会は農地等の利用の最適化の推進に取組む体制を強化する為、熱意と識見を有する者のうちから区域ごとに推薦をもとめ希望者を募集しその結果を公表し尊重します。

[参考]農業委員会が定める区域
(1)大町地区 農地面積119ha 農家75戸
(2)大野町地区 農地面積120ha 農家140戸
(3)柏井町地区 農地面積92ha 農家106戸
(4)曽谷・北方町地区 農地面積108ha 農家195戸
(5)国分地区 農地面積96ha 農家129戸
(6)中央・南部地区 農地面積48ha 農家156戸

※信篤地区は(6)に含まれ農地面積は原木8.5ha 田尻2ha 高谷13ha 二俣5haで、その他、行徳地区も含んでいます。そして(6)地区は認定農業者は一人もいません。


都市計画道路3・4・号浦安、鎌ヶ谷線開通

本市の南北を縦断する都市計画道路3・4・日号の浦安・鎌ヶ谷線(総延長11.8q)が、工期21年、総工費280億円を投じてこの度完成し昨年の11月10日午後開通し沿線の住民など約600人が参加してその完成、開通を祝いました。開通式では、北方小学校吹奏楽部の記念演奏、バルーンリリース、通り初めが行われました。この道路の開通により、周辺道路の渋滞緩和、災害時における避難通路や迅速な救急活動、更には道路下の下水道市川幹線の整備が進み地域に大きく貢献されます。

 

新年度に向けた予算要求

松永市議が所属する会派「創生市川」では、新年度の予算編成に当り、大久保市長に予算措置を含む行政各般における政策要求を行ないました。その内、信篤地域関連の項目をお知らせします。
[県に対して強く実現を求めるもの・次の3件]
(1)都計道3・4・13号線(高谷・原木インター悶)延伸工事の早期着工
(2)妙典橋完成時には、歩行者、自転車の利用を認めること
(3)二俣地先の歩道、及び河川整備の早期着工
○JR下総中山駅南口のバリアフリー化の実現を船橋市と協力してJRに強く働きかけること
○二俣国設宿舎跡地(約3万坪)の街づくりについて、市は強い行政指導を発揮すること

 

過去の議会報告     平成28年9月
平成28年6月 平成28年2月 平成27年12月 平成27年9月
平成27年6月 平成27年2月 平成26年12月 平成26年9月
平成26年6月 平成26年2月 平成25年12月 平成25年9月
平成25年6月 平成25年2月  平成24年12月  平成24年9月
平成24年6月 平成24年2月 平成23年12月  第63代議長に就任 
平成23年2月 平成22年12月 平成22年9月 平成22年6月
平成22年2月 平成22年1月 平成21年12月 平成21年9月
平成21年6月 平成21年2月 平成21年予算概要 平成20年12月
平成20年9月 平成20年6月 平成20年2月 平成20年予算概要
平成19年12月 平成19年9月 平成19年6月 平成19年4月
平成19年2月 平成18年12月 平成18年9月 平成18年6月