市川市議会議員 松永おさみ
 

 

決算特集 

 松永市議は議会選出の監査委員として初めて26年度の決算審査に携わりましたのでその概要、主な特徴を報告させていただきますので参考にして下さい。

26年度決算黒字50億円余 市税収入初の800億越え

まず収支全般については、歳入歳出差引額(形式収支)は62億1,400万円余で、前年度比7億9,000万円余の増となりこの形式収支から翌年度へ操り越すための財源4億6,000万円余を差し引いた実質収支額は、57億4千8百万円で前年比7億3,000万円余の増となっており、26年度は2年連続で形式・実質収支とも50億円以上の黒字となりました。

厳しい財政運営の中で多額な黒字となり評価すべきではありますがその反面国からの地方交付税が不交付団体となり、今後の対応の難しさが浮き彫りとなっています。因みに、県内の不交付団体は、本市をはじめ、浦安、成田、袖ケ浦の四市です。

決算全体の審査結果としては全ての会計における調書、計数も関係書類と符合し、正確であると認められ、おおむね適正であると認められた。

○普通会計における財政力指数ですが、財政力指数は0.998となっており地方公共団体の財政力を示す指数で1を越えるほど財源に余裕があるものとされているが、3年間の平均値で表されることから1を下回ると原則として地方交付税団体となります。

○経常収支比率 財政構造の弾力性を示す指標ですが残念ながら定年退職者の増加による人件費の増、生活保護費にかかる扶助費の増などにより1.6ポイント悪化し94.9ポイントとなり本市の財政状況の中で最も心配される項目であります。これが改善に向けた対応は揺るがせに出来ない課題と指摘されています。

○市債の現在高は617億2,000万円余で前年度より35億700万円余(5.4%)の減となっています。

特別会計への繰入金

現在6特別会計と病院事業の公営企業会計に必要とされる資金を一般会計から繰入れて事業運営に当っていますのでその金額一覧です。

特別会計名
☆国民健康保険 38億円 前年比 5億円減
☆交下水道事業 20億円 1億円増
☆地方卸売市場事業 6,500万円 5,200万円増
☆介護老人保健施設 5億円 6,000万円増
☆介護保険 33億円弱 6,500万円余増
☆後期高齢者医療 5億4,000万円弱 5,700万円余増

○病院事業(リハビリテーション病院)について平成10年に「寝たきりの人をつくらない」を基本理念として開設以来住民福祉の増進に努め公営病院のパイオニア的存在として事業展開してきたが当病院を取り巻く環境は大きく変化し民間医療機関が主な担い手となってきている状況にある。
26年度の医業収益は約11億9,000万円、医業費用は約16億2,000万円で結果として医業損失は4億3,000万円余の赤字を生じている。

決算の主な特徴
歳入の根幹である市税収入が史上初の800億円(前年比約16億円増)を越え収納率も96.3%と改善され、歳入全体に占める割合は59.9%となっています。
○地方債残高の縮減 過去最高額であった平成10年度の約941億円から着実な財政運営の中で26年度は約617億円と過去20年のうちで最も少ない残高まで縮減しており努力のあとが見受けられる。
○審査の結果は多数をもって認定されました。

財政調整基金残高
財政調整基金は、地方公共団体における年度間の財源の不均衡を調整するための基金であり、経済不況等による大幅な税収減によって収入が不足したり、災害の発生による多額の経費の支出が必要になったりするなど不測の事態に備え積み立てています。平成26年度の残高は、108億1,200万円余となり、4年連続で残高を増やし過去最高額である。

 

9月議会 

市川市議会9月定例会は9月4日から10月2日迄の29日聞にわたり開催されました。9月議会は毎年、前年度の決算審査を行なう為今年も会期中の14日から17日迄の4日間にわたり本会議を休会として特別委員会を聞きました。この外シルバーウィークと称した長期休日があった為会期が長きにわたりました。

今回の議会に市長から提出された議案等は合計36件ありました。内訳としては条例の制定、改正で12件、補正予算5件、工事契約案件3件、指定管理者の指定延長4件等でありました。この内私達の居住する信篤・二俣地区に関係する大きな2件の案件があります。詳しくは後述しますが1件は原木第二排水機場ポンプ増設工事請負契約、1件は原木中山駅自転車駐輪場の使用料が無料から有料となります。

又、市議松永おさみは市の監査委員に就任したことに伴い定期監査、決算審査に携わったことから行政各般にわたり種々意見交換を行ない問題点の解決、見通し等指摘をして一定の成果効果が見い出せたことを受け一般質問は見送ったことを報告します。ご了承願います。

排水能力倍増

平成25年10月15〜16日の台風26号の襲来により大きな被害を被った原木三・四丁目周辺の水害防止の再発予防に向け原木第二排水機場のポンプ増設の為の工事契約が決まり着工の運びとなりその完成が待たれます。なおポンプ能力は現在の約二倍強となり地域の水防に威力を発揮することが期待されます。

○現在の排水能力
600mmポンプ二基毎秒1.5立方メートル
○工事完了後の能力
900mmポンプ一基増設で毎秒1.6立方メートル増となり今迄の二倍以上の能力アップとなります。
○工事代金 3億24万円 工期平成28年11月竣工予定
請負業者(株)第一テクノ(千葉市中央区)

自転車駐車場が有料に 来年4月原木中山駅

今迄無料で使用していた原木中山駅の高架下の880台の駐輪場が来年4月から有料となります。これは行財政改革により公の施設の経営効率化の一環として市内の無料駐輪場は全て有料化されることとなり年間約1億2,000万円弱の赤字解消を図るとのこと使用料は月額定期で1,300円、日額使用料は100円です。なお有料化に向け駐輪場内の4か所の排水ポンプの改修溢水対応としての路面舗装などの環境整備をはかり利用者の利便を図ることになりました。

九月補正予算の主なポイント

快適なまちづくりへの取組み
○北東部スポーツ施設整備事業(土地購入費等)14億3,900万円 
老朽化している公共施設等への対応
○道路施設修繕料・道路補修工事費等7,900万円
○小・中学校等施設修繕料 5,300万円
○自転車等駐輪場施設修繕料3,350万円
○排水路施設修繕料 1,500万円
社会保障制度に係る事業費の増額補正
○老人福祉施設整備費補助金 1億5,400万円
○介護施設等整備事業補助金 3,250万円
○障害者支援施設等整備費補助金 1,820万円
以上が主な事業等ですが総額22億3,000万円の歳入歳出予算の補正で現在の一般会計予算総額は1,362億円余となりました。

 


過去の議会報告      
平成27年6月 平成27年2月 平成26年12月 平成26年9月
平成26年6月 平成26年2月 平成25年12月 平成25年9月
平成25年6月 平成25年2月  平成24年12月  平成24年9月
平成24年6月 平成24年2月 平成23年12月  第63代議長に就任 
平成23年2月 平成22年12月 平成22年9月 平成22年6月
平成22年2月 平成22年1月 平成21年12月 平成21年9月
平成21年6月 平成21年2月 平成21年予算概要 平成20年12月
平成20年9月 平成20年6月 平成20年2月 平成20年予算概要
平成19年12月 平成19年9月 平成19年6月 平成19年4月
平成19年2月 平成18年12月 平成18年9月 平成18年6月