市川市議会議員 松永おさみ
 

 

9月議会 

市議会9月定例会は途中25年度決算審査特別委員会を4日間開催したことに伴ない9月5日開会10月3日迄の29日間にわたり開催されました。 市長から提案された議案は条例の制定、改正が9件、補正予算5件、契約3件、決算認定外合計26件でした。

値上げ議案(使用料・国保税)修正して可決

受益者負担の適正化を図るため公の施設の使用料を3倍を上限として値上げをしようとするもの又国民健康保険税条例の改正では事業の健全運営を図るため課税限度額を引上げようとするもの以上2件については議会において審議の結果、上げ幅の縮減、実施を6ヶ月先送り、国保では低所得者層への配慮をした修正案を可決し、その外の諸案については市長提案の通り可決、認定されました。

80歳に敬老祝い金が!!議員立法で敬老祝金支給条例を改正来年度から傘寿の方々にも祝金を贈る

9月議会で、私、松永は同僚の議員の協力を得て平成24年に廃止された喜寿の祝金のかわりに80才の傘寿を迎えた方々に祝金5千円を贈るべく、敬老祝金支給条例の一部改正案を議員発議として提出し可決されました。長寿の節目を迎えた高齢者に対し敬老の意を表し、長寿を祝福するとともに市政80周年の節目と重ねて祝える喜びを感じております。対象者は約3千人。なお、88才の米寿2万円99才の白寿3万円100才の5万円は従来通りですが、101才以上は毎年1万円となります。

松永市議は今回も一般質問を行ない市の考え方を質しましたので以下概要をお知らせいたします。

原木二丁目の区画整理事業進捗状況と市の対応を問う

原木2丁目街づくりにおける区画整理事業は原木中山駅の東南地域から真間川に至る一帯18.7haを対象に実施し良好な環境を備えた土地利用を進めようとするものですが、設立準備委員11名から出された技術的援助申請を市が受理して4年が過ぎようとしているこの間の動向と見通し、市の考え方を伺った。

質問(1) 事業の進捗状況と見通しについて市はどのように把握しているのか。
(2)事業の技術支援について市の対応と見通しと対応は

答弁(1)事業協力会社が古くからの地権者61名の意向調査を実施した結果を踏まえ、事業可能な区域と判断した有志11名が連名で組合設立準備委員として施行のため法に基づく技術的援助の請求を市が受理したことを受け認可権者の県や庁内関係部との調整をしている。県が求めている地権者32名の90%の同意を満たすにはまだまだ時聞を要すると考えている。
(2)事業協力会社は地権者に理解を求めるため意見交換会を行っているが合意形成が進まず苦慮していると聞いている。申請受理から4年が経過していることもあり、準備委員、事業協力会社の意見を伺い事業の方向性を判断したい。

田尻の2本の市道拡幅整備を急ぐべき

質問(1)市道6146号はマンション街から駅に通じる主要道路だが途中の水田の場所は幅員3.6mしかなく車の交叉は出来ず危険なので早急に拡幅されたい。
(2)市道6148号は永谷マンションの前から駅、学校ヘ通じる道路で途中の両側、畑の場所は3mしかなく狭隘であり危険度は高いので安心安全確保に向け整備を図られたい。

答弁(1)水田部分の側溝を道路まで嵩上げして安全対策を含め改善するよう検討する。
(2)狭くなっている区間で現在共同住宅が建設中で完成すると4mに拡がる。以上2本の市道は市事業による拡幅と民間事業者によるセットバックによって改善が予定されている。

原木の一、三丁目境に新しい橋を架けて欲しい

質問「真間川で寸断されている市道7003号と7008号を接続する橋の新設は防災上の避難路としても不可欠と考える。そして予算については日本中央競馬会から交付される環境整備寄付金(本年度は2億3千5百万円余)の区域内の事業なのでこの原資をぜひ投入して欲しい」

答弁「地元から従来の利便性と地下横断道の防災面からの意見、要望を受けている。今回は歩道橋の架設について検討を行っている。今後原木橋周辺の歩行者と自転車の交通量調査を実施して、建設費老含めた橋の検証を進めてまいりたいと考える」

黒字50億円

25年度の決算認定案件が提案され、特別委員会で審査の結果多数をもって認定されました。その中で4年振りに形式収支・実質収支とも50億円余の黒字となりました。厳しい財政運営が強いられている昨今ではありますが、多額にのぼる黒字を生じたことは評価に値いする訳ですが国からの地方交付税が不交付団体となったことは残念であり何らかの対応の必要性を感じます。



過去の議会報告      
平成26年6月 平成26年2月 平成25年12月 平成25年9月
平成25年6月 平成25年2月  平成24年12月  平成24年9月
平成24年6月 平成24年2月 平成23年12月  第63代議長に就任 
平成23年2月 平成22年12月 平成22年9月 平成22年6月
平成22年2月 平成22年1月 平成21年12月 平成21年9月
平成21年6月 平成21年2月 平成21年予算概要 平成20年12月
平成20年9月 平成20年6月 平成20年2月 平成20年予算概要
平成19年12月 平成19年9月 平成19年6月 平成19年4月
平成19年2月 平成18年12月 平成18年9月 平成18年6月