市川市議会議員 松永おさみ
 


 

21年6月議会報告

信篤地域の道路交通・教育問題を再度質す !

   

市川市議会六月定例会は、6月5日に招集され24日迄の20日間の日程で開かれ、任期半ばを迎えて議会内の役職人事に始まり、市長から提案さ恒れた議案10件、人権擁護委員の推薦諮問2件、報告6件について審議が行なわれました。
結果は全て原案の通り理決、同意承認されました。特記すべき議案として、教育委員の一定数を1名増の6人とする案は、一部反対はありましたが可決され、10月から施行されます。
松永おさみ市議は、17日に一般質問を行い、信篤地域内の道路交通行政と公共施設の整備計画の2点、細かくは6項目にわたり市の考え方を質しましたので、その概要を以下ご報告させて頂きます。

信篤小通学路、田尻地区の現状と整備方針は

質問
(1)市道6156号永谷マンション南側の少年運動広場入口角の十字路に信号機並びに安全施設の設置は
(2)市道6148号(1)の北側、角地点十字路地先の安全施設整備と農地部分拡幅についての考えは
(3)市道6146号マンション・アドバンスシティ市川北の交差点は、危険度が高く信号機設置の必要性を痛感している。又水田部分の拡幅整備の考え方は
答弁

(1)昨年11月地域の方々より、児童が安心して学校へ通えるよう信号機設置の要望があったが、土地の形態状祝から設置には問題がある。今後注意看板や外側線を引く等の復旧を行
う。又警察署に安全対策を検討するよう依頼していく。
(2)宅地開発時のセットバックを引き続きお願いをすることを基本とし、同時に交通量調査等を実施し現状把握に努める。
(3)この道路は、都市計画道路3・4・23号線の計画線上にあることから、セットバックを基本とするが、街路事業早期事業化目的先行取得路線にもなっている。従って計画に抵触する土地は所有者との協議に基づき、今後とも用地先行取得を進めていく。当面は白線の引き直しや注意看板の設置による安全対策を講じていく。


JA原木中山支店前一帯の交通対策は

質問「船橋市との市境にあるJAの原木中山支店地先に信号機設置等の安全対策の考え方を伺う」
答弁「県が管理している行徳街道のこの地点は、S字となっている道路に市道が二本接続している。又北側より船橋市が管理する道路が接続するなど変則的な道路形態となっている。この場所について平成19年にミニ共同現地診断を実施した。その時の安全対策案として、交差点に横断歩道と巻き込み防止の白線の改良、啓発看板等の対策が提案された。それを受けて啓発看板を設置し、注意喚起を行っている。道路形態からして改良を行う必要があることから、早期に取り組むよう県に依頼し、併せて警察に対しても安全対策を依頼していく 」

二俣の太鼓橋北側の道路整備は

質問「太鼓橋北側の狭隘なクランク道路の改善整備計画を問う」
答弁「太鼓橋からクランク道路を通らずに北側に向かう直線道路の新設を進めてきたが、地権者の協力が得られない為計画を断念せざるを得なかった。当面は、クランク道路を6m に拡幅する計画を進め、今年度は用地測量で買収面積を確定し、今後は用地買収と整備工事を行う予定。太鼓橋については、南北の取付道路の改善とセットでなければ改善効果が小さいことから、引き続き地元自治会等の協力を頂き、拡幅に向けその方策を検討していく」


H・Cコーナン周辺の安全対策は

質問「ばらき苑自治会に面した市道7036号の大型車規制導入とコーナン入口に信号機設置要望等のその後の対応は」
答弁「地元の方1040名の署名をもって要望が出されたので、市長名で警察署に進達文書を提出した。警察当局も市民の意向は理解しており、要望箇所を合めて全体的な安全対策を検討している。市の交通量調査の結果、交通量が多く改めて安全対策の必要性を確認した。信号機設置についてもこの市道が安全かつ安心して利用できる道路となるよう、引続き市川警察署へお願いをしていく」


道路についての再質問

交通環境の整備、特に道路整備は地域住民にとって重要な課題である。田尻の三本の市道は、地域にとって不可欠な道路であるので一本でも一か所でも改善整備を実現して欲しい。又 PTAでは、安全委員会が中心となって学区内を調査して【通学路のここが危ない】と危険個所を指摘している。行政は、学校・PTAと十分意見を交換し、早く手を打って欲しいと要望し、その対応を要請した。

信篤小の増築と特別支援学級の新設は

質問「信篤小は、現在30学級989人の児童数で市内で3番目のマンモス校となった。不足する教室の増築計画を伺う」
答弁「今年度予算で、10年間1億8000万円の債務負担行為を設定した。12月頃から工事に着手し、3月中旬に完成、4月1日使用開始予定。鉄骨造2階建で6教室を増築し、教室不足を解消する」
質問「信篤小の特別支援学級開設の見通しを伺う」
答弁「校舎増築工事の完了に併せ、来年4月に知的障害児に対応する特別支援学級を開設予定。1学期中に学校に説明し保護者に対しても設置に向けての説明会を近日中に開催する」


田尻老人いこいの家・建替え計画は

質問「田尻老人いこいの家・建替え・整備計画の進捗状況とその内容を問う」
答弁
「取り壊し及び建設費などの予算は、22年度当初予算に計上したい。軽量・鉄骨造、建物リース手法で進めたい。工期は約5ヶ月、建設費は8000万円程度見込んでいる。新設開場は、22年度末か23年4月を予定している」
再質問で、使い勝手の良い施設となるよう、設計段階で利用者の意見を聞いて、細かい配慮をお願いしたい。又駐輪場を広く確保されたい。工事中利用者が使用する代替施設を確保されるよう要望した。

 

過去の議会報告      
  平成21年2月 平成21年予算概要 平成20年12月
平成20年9月 平成20年6月 平成20年2月 平成20年予算概要
平成19年12月 平成19年9月 平成19年6月 平成19年4月
平成19年2月 平成18年12月 平成18年9月 平成18年6月