市川市議会議員 松永おさみ
 

21年2月議会報告



 

   

米飯給食用の米を支給 !堅実・実行型予算
 総額1901億円余

平成21年度市川市予算概要はこちらを

市川市議会2月定例会は2月16に開会され、3月25日迄の37日間にわたり開催されました。
2月議会は、新年度予算を審議することから、予算議会ともいわれ会期も長く、一般会計をはじめ特別、企業会計も合めた議論が行われました。この議会では、市長から提案された予算関連議案として補正予算を含め21案と条例請負契約等23案、人事案件6案を審議し、全て原案通り可決しました。
松永おさみ市議は、一般質問を行い地域の交通安全対策や定額給付金について、市の対応を質しましたのでその内容を以下ご報告させて頂きます。

交通安全対策について

質問「市道7036号(ばらき苑自治会内の生活道路)の大型自動車の通行規制と、H・C コーナン出入り口に信号機設置についての市の考え方を伺う。最近この道路に大型自動車の進入がとみに増え、交通事故の危険にさらされ、人身事故も発生、物損事故も後をたたないので、早急に大型車の進入規制を、更には死亡事故も発生しているコーナン入口に信号機を付けて欲しい 」
答弁「7036号は、幅員6m程度の道路で生活に密着しており二俣小の通学路でもある。この度、ばらき苑・原木・東原木自治会長の連名で、要望・陳情が出されたことを受け、市川警察にその内容を進達した。以前にも警察に要請していることから、市民の意向は理解しており、県警本部にも要望を伝えている。市としては、この市道が安心して利用できる道路となるよう、警察署等と引き続き協議してまいりたいと考えている」

再質問で、安全安心な街づくりの実現に向けて、今後結果・成果が出る迄継続して協議して欲しいと強く要望した。

質問「コミュニティパスの社会実験運行は、いつを目処に本格運行にするのか、期限を決めて決断すべきではないか」
答弁「本格運行に移行する為の条件である地域の方々、バス運行事業者、市で構成する実行委員会の構築が必要になる。実際の移行時期については運行指針により速やかに行いたい」

質問「都市計画道路3・4・13号の進捗状祝と見通しを伺う」
答弁「この道路は、妙典橋の建設により、高谷・原木地区と行徳地域との一体性にも寄与する重要道路と考えている。現在高谷の産業道路迄の約300m区間で約80%の土地を取得、整備工事中である。事業化区間の早期完成とその先原木インターまでの事業化を引き続き要望していく。」

質問「原木料金所の百円を撤廃できないか」
答弁「一つの料金所だけを無料化することは難しいと考えざるを得ないが、多くの市民が利用している市内交通処理の上でも重要な役割を果たし丈いるので、引き続き間を合め関係機関との協議をしていきたいと考えている」

定額給付金について問う

質問「国の経済浮揚策の一環として、今年度中に支給を目指す2兆円規模の定額給付金の細部を伺う。市民は一日も早い支給を待ち望んでいることを考慮して答弁されたい」
支給は5月中旬から
答弁「4月13日に申請書を発送、その後郵送で申請を受け審査等を行い、最初の支給は5月中旬を予定。本市の場合22万世帯に振込手続きを行うが、1日1万件程度の処理につき振込処理まで約8週間かかる。基準日は2月1日で住民登録されている方、支給額は約68億9千6百万円、その内訳は2万円受給の65才以上の方75,500人、十八才以下は77,000人、加算のない1万2千円の人は32万5百人」

※子育ての応援特別手当の支給・処理も同時に行われる。対象者は 5,700人で、1人当たり36,000円、総額2億5百万円を予定している。松永おさみはこの質問で定額給付金を一日も早く、連休前に支給できるよう努力を要請し、その実現を求めました。

スポーツ施設の整備について

質問「高齢者の健康維持増進を培う場として、23年間利用されてきた稲荷木のゲートボール場が、外環道路用地に買収されたため今年中に廃止されてしまうので、その代替地を確保して欲しい」
答弁「稲荷木地域に適地が見当たらない現状で、代替地確保は非常に難しいが、引き続き新たな場所を探すとともに、情報収集をしてまいりたい」

質問
「W・H・O健康都市連合国際大会の記念事業として、世代交流のためにも市内にパークゴルフ場を新設して欲しい」
答弁「パークゴルフは、年令に関係なく多世代にわたり楽しめるスポーツである。愛好者の活動状況を調査し、グランドゴルフとの整合も含め、施設整備の全体計画の中で研究してまいりたい」

原木西浜公園の周囲道路整備は

質問「西浜土地区画整理組合事業は、13年余の期間を要してこの度竣工した。この周辺道路1.6KM を早急に整備して地域の人達の利用に供して欲しい、見通しを伺う」
答弁「この地域の整備については、意見交換会でも散策や自転車での回遊ルート、改善点など議論されている。今後、街回遊展終了後に意見交換会での成果と、市民の声を反映させた信篤・二俣地区における街めぐりルート等の提言をいただき、方針を固め国、県に要望を行って道路整備を考えていく」

 

過去の議会報告     平成20年12月
平成20年9月 平成20年6月 平成20年2月 平成20年予算概要
平成19年12月 平成19年9月 平成19年6月 平成19年4月
平成19年2月 平成18年12月 平成18年9月 平成18年6月